山形労働局内、セクハラ7年間 05年発覚、3人懲戒(2011年6月7日)

山形労働局内、セクハラ7年間 05年発覚、3人懲戒2011年6月7日3時1分
セクハラに関する記事が朝日新聞WEB版に掲載されています。

 山形労働局内、セクハラ7年間 05年発覚、3人懲戒2011年6月7日3時1分

厚生労働省山形労働局(山形市)は6日、男性職員3人が7年間にわたって非常勤の同僚女性にセクハラ行為を繰り返していたとして、同日付で1人を懲戒免職、2人を停職12カ月と停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。懲戒免職の職員は自主退職したため処分が及ばず、退職金の返還も求めないとしている。

 同局によると、3人は山形県南部の公共職業安定所(ハローワーク)に勤めていた1998~2004年度、女性職員に所内のロッカールームや出張先などで体を触ったりキスをしたりするなどのセクハラ行為を繰り返したという。

 民間の職場などにセクハラの防止を呼びかける立場の労働局内でセクハラ行為が続いていたことについて、同局の宮野修総務部長は「行政運営への信頼を損ね、誠に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

http://www.asahi.com/national/update/0606/TKY201106060652.html

この記事をみる限り仲間を安全に隠したように見えます。
この女性職員は強制わいせつ罪で刑事告訴するべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です