フルキャストを事業停止へ 港湾業務で違法派遣 厚労省(2007年8月3日 朝日新聞デジタル)

労働者派遣会社大手企業の致命的な不祥事が朝日デジタルに掲載されています。

 フルキャストを事業停止へ 港湾業務で違法派遣 厚労省
2007年08月03日03時00分

厚生労働省は、人材派遣大手のフルキャスト(本社・東京都渋谷区)に対し、3日に事業停止命令を出す方針を固めた。労働者派遣法で禁止されている港湾荷役業務に、労働者を派遣していたとみられる。これまでも禁止業務への派遣を繰り返しており、全事業所が事業停止の対象となる可能性が高く、一定期間新たな派遣ができなくなるため経営に影響が出そうだ。

関係者によると、フルキャストの関西の事業所が今年5月、数人の労働者を港湾地区での荷役業務に派遣したという。労働者派遣法では安全確保の理由などから、港湾や建設、警備といった業務への派遣を禁じている。

フルキャストには昨年8月、神奈川労働局が、神奈川県内の支店が建設業務への派遣をしたとして是正を指導。今年1月には宮城県警が、警備業務に労働者を派遣した疑いで仙台支店などを捜索した。さらに今年3月、全国308事業所のうち53事業所で、建設や警備業務への派遣を繰り返していたなどとして、東京労働局が事業改善命令を出した。

事業改善命令を受けた後に、新たに禁止業務への派遣が発覚したことで厚労省は悪質と判断し、事業停止命令に踏み切る方針だ。同社は厚労省から3日、処分の通知を受ける見込み。事業停止の期間や対象事業所の範囲によっては、派遣事業の継続に影響が出る可能性もある。

フルキャストは日雇い派遣業界で、グッドウィル(東京都港区)と並ぶ大手。東証1部上場で、06年9月期の連結売上高は901億円。登録スタッフは累計174万人で、1日当たり約1万2000人を派遣しているという。厚労省は事業停止命令と同時に、スタッフの雇用対策や再発防止策の作成を指示する。

労働者派遣法に絡む事業停止命令は、大阪労働局が昨年10月、大手人材会社「コラボレート」に出している。コラボレートはその後、グッドウィル・グループの傘下に入った。グッドウィルも今年7月、港湾荷役業務への違法派遣が発覚している。

 

現在、派遣業では、建設、港湾、警備業務には派遣できません。表向きの理由は安全確保に関してとのことですが、実際は、どうなのでしょうか?

昔から建設や港湾労働には暴力団の影響が強いといわれていますので、この辺が本当の理由ではないでしょうか。

これを展開すると、今回問題になっている企業は、暴力団ともかかわりがあるとおもわれても仕方ないでしょう。

ここ数年、飛躍的に業績を伸ばしている業種はITと人材派遣です。ネットバブルの時代にIt企業と暴力団の関係があり社会的に大問題になりましたが、今回も人材派遣会社と暴力団の関係も調査が必要でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です